「NOCTURNAL BLOODLUST」Daichi Personal Interview



请先介绍一下自己的名字和位置。

———まずはお名前とパートの自己紹介をお願いします。

我是NOCTURNAL BLOODLUST乐队的吉他手,我叫Daichi 。请多关照。

NOCTURNAL BLOODLUSTにてギターを担当しています、

Daichiです。よろしくお願いします。

ー最先想问的是,这次的新服装十分潇洒很好看,但是这次的服装和以往的Daichi给人的印象有些不同,让人有些惊讶。这其中是有什么心境上的变化吗?

———一番初めにお伺いしたかったのが、今回の新しい衣装なんですがすごくシックで素敵ですね、しかしいつものDaichiさんと少し違うイメージの衣装でビックリしました。

何か心境の変化などがあったのでしょうか?

谢谢。和对我给人的印象不同吗?不过的确是没有给过别人中华的印象(笑)

这次的服装是我按照自己设计的花的概念去寻找的一个形象,最后就变成了现在的样子。

ありがとうございます。イメージと違いましたか?

まぁ、チャイナのイメージはないですよね(笑) 今回は自身でデザインした花のモチーフがあったのでそれが映えるシルエットを探していたらこの形になりました。


———请告诉我们新单曲《WHITEOUT》的相关消息吧。

———NEW EP『WHITEOUT』について聞かせてください、

ー这次《WHITEOUT》的MV是在室外拍摄的,过程中有什么趣事吗?

今回の「WHITEOUT」MVは屋外でしたが撮影中のエピソードなどありますか?

是严冬之中在雪山,实在是很寒冷。

吉他的弦也很冷,全身都失去知觉了,在想要是当初设计一套厚一些的服装就好了(笑)

真冬の雪山での撮影でしたので、それはそれは寒かったですよ。

ギターの弦は冷たいし、全身の感覚は無くなるし、

厚手の衣装にすればよかったなーって思ってました(笑)

ー这次的单曲中你最喜欢的是哪一曲呢?

———また今回のEPの中で個人的に一番好きな楽曲はどれですか?

乐曲是没有优劣的。

楽曲に優劣ってのはないです。

但是,M4的無義道是自己写的曲子,所以这首曲子对我来说是特殊的。这首曲子的原型是去年夏天做出来的。接下来又花了半年才最终将它完成了。

虽然过程很艰辛,但是“为了不让自己死去”而写的曲子能这样发行出来让我感到很开心。

でも、M4.無義道は自身が書いた曲なので思い入れはあります。 この楽曲の原型は去年の夏にはできてたんです。それでも半年ほどかけてやっと完成した。 辛かったですけど、

「自分が死なない為に」書いた曲なのでこうしてリリースできて嬉しいですよ。

ー距离之前的专辑已经过了2年左右的时间,这2年间在音乐性以及技术方面自身有什么变化吗?

———前回のアルバムから約2年ぶりの新曲ですがこの2年の間に音楽性など技術的な事も含めてご自身での変化はありましたか?

强烈地感觉到自己一路追寻的根源又再度开花了。

我觉得我们对于时代的走向和新潮的声音都很敏感,乐队也时常会用一些最新的东西,同时结合自己本来的风格来进行构思。但是就我个人来说,音乐兜了一圈。

我开始发现我一直视作根源,并善于运用的音乐性就是“罕见稀奇的”。

所以我只要再现自我就好,这就是现在的样子。

自身が辿ってきたルーツに返り咲いているような感覚は強くなりました。

僕達って時代の流れやトレンドの音にもわりと敏感な方だと思っていて、バンドとしては最新のものを常に取り入れつつ、自分達の持ち味に落とし込んでいるんです。

でも個人的には音楽が一周回ってしまった。 僕がルーツとしている、得意としている音楽性が「物珍しい」と認識されている気がしてきてしまったんです。

でもまあそれなら僕は僕を再現していればいいのではないかというのが今の形です。


ー最近成员之间有没有特别沉迷的东西?

———最近メンバーの間でハマっている事などありますか?

感觉Cazqui 和我更加沉迷于SHOEGAZER了。

另外Natsu最近一直在听PROGRE。

Cazquiと僕はより一層シューゲイザーに凝っている気がします。

あとNatsuは最近、プログレをよく聴いてるかな。

NOCTURNAL BLOODLUST Presents ONE MAN TOUR“Inmost of Gehenna”

巡演中有什么趣事可以告诉我们吗!

———NOCTURNAL BLOODLUST Presents ONE MAN TOUR「Inmost of Gehenna」

ツアー中の面白い出来事があったら教えてください!

巡演中我其实单独行动挺多的。

但是我记得那次不知为啥和Natsu还有Masa一起在暴雨中跑去吃拉面。

ツアー中、僕わりと単独で行動してたからなあ。

でも何故かNatsuとMasaと土砂降りの中ラーメン食べに行った記憶がある。

ー马上就是DEZERT Presents 【This Is The “FACT”】 TOUR 2018了,对此有什么期待吗?

———もうすぐDEZERT Presents 【This Is The “FACT”】 TOUR 2018 を控えていますが、楽しみにしていることはありますか?

单纯觉得和 DEZERT还有アルルカン很久没有一起演出了,感到很期待。

我们已经很久没有到各地去做event巡演了。

这次就像是第一次看他们在地方是怎样演出的一样。也许能获得许多刺激。

単純にDEZERTやアルルカンと久しぶりにやり合えるのは楽しみですよ。

僕達、あんまりイベントツアーで地方ってもうだいぶ出てないんですよ。

彼らが地方ではどんなライブやるのかも初めて観るに近い。かなり刺激はもらえるんじゃないかな。


ー之前NOCTURNAL BLOODLUST在上海也举办过演出,还想再在亚洲做一场海外公演吗?

———以前NOCTURNAL BLOODLUSTは上海でライブをした事がありましたが、もう一度海外公演でアジアへ行ってみたいと思いますか?

当然。我很喜欢在亚洲地区的演出。

虽然不能说马上就去,但如果有机会可以去就好了。

もちろん。アジアでの公演は好きですよ。

すぐに、とは言わないけどまた出来たらいいですね。

在海外(亚洲)NOCTURNAL BLOODLUST也已经为人熟知并且聚集了许多粉丝,最后请对在海外(亚洲)的粉丝们说一句吧!!

———海外でもすでにNOCTURNAL BLOODLUSTは知られており海外にも多くのファンの人がいます、最後に海外のファンのみんなに一言をお願いします!!

感谢大家的支持。

我们乐队一直都是以自己的节奏来开展活动的,所以可能会让大家等很久。

但是2019年是乐队结成10周年。我们会做很多准备来迎接这一年。

大家也可以多多关注我们在日本的活动。

いつも応援ありがとう。

僕達はとてもマイペースな活動をしているから待ち遠しいと思わせることもあると思う。

でも2019年はバンド結成10周年。沢山の準備をして臨もうと思っています。

日本での活動にもよかったら目を向けてね。

Daichi

Daichi To China Message


NOCTURNAL BLOODLUST

NEW EP 『WHITEOUT』

2018.03.07 RELEASE


初回盤 CD+DVD NCBL-22

¥2500円(税別)

【CD】

1 Solstice

2 WHITEOUT

3 Live to Die - Rearrange Ver.-

4 無義道

【DVD】

2017.04.01 新木場Studio Coast LIVE CLIP映像

01. BREAK THIS FAKE

02. Calamity of Victims

03. GENESIS

04. Malice against

05. V.I.P


通常盤 NCBL-23

¥1890 (税別)

1 Solstice

2 WHITEOUT

3 Live to Die - Rearrange Ver.-

4 無義道

LIVE SCHEDULE

2018.03.24 [Sat] 長野 LIVE HOUSE J

2018.04.07 [Sat] KYOTO MUSE

2018.04.08 [Sun] 梅田クラブクアトロ(大阪府)

2018.04.14 [Sat] 郡山CLUB # 9

2018.04.15 [Sun] 仙台MACANA

2018.04.20 [Fri] 福岡DRUM Be-1

2018.04.29 [Sun] 旭川カジノドライブ

2018.04.30 [Mon]cube garden

【Cazqui & Daichi EVENT】

2018.07.08 [Sun]池袋EDGE

NOCTURNAL BLOODLUST Web Site

http://www.nocturnalbloodlust.com/

NOCTURNAL BLOODLUST Twitter

https://twitter.com/nokubura


中国法人 China corporation              
LIVE_HUNTER CHINA(上海卓弘文化传播有限公司)      
〒200060                      
​上海市普陀区长寿路818弄16号2F
TEL:86-21-5837-3878
お問合せ
よくあるご質問
Copyright © 2017 LIVE HUNTER All rights reserved.
  • Weibo
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Instagram